受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

勉強効率を上げる必勝アイテム

試験に向けて追い込みをしている時、普段の
能力以上の力を発揮したい、これまでよりも
さらに効率よく勉強したい、と切実に願う
こともあるかと思います。

人間は、その気になれば、大脳を現在持っている

記憶力に関しては、私も随分悩みました。

しかし、自分には並外れた記憶力がないことを認めたうえで、
「ではどうしたら良いか?」についてはいろいろと
研究しました。

先に述べたように私の場合には、自分の集中力に無理の

選抜試験にしろ、資格試験にしろ、ある試験を
受けることを決意したはいいけれど、いろいろ制約が
あり、どうも受験勉強がはかどりそうにない。

あるいは、今まで勉強らしい勉強をしてこなかったので、
一体どのように勉強していいか分からない。

一生懸命勉強していても、常に「試験本番当日、うまく行くのだろうか?」
という不安がつきまとうものです。

特に、これまで入学試験や選抜試験を受けた経験のない人や、
受験に初めて臨む子供などは、試験本番の具体的なイメージが湧かず、
試験が近づくほど不安ばかりが先走ってしまうこともあるでしょう。

脳がフルに活動するのに必要な栄養源は糖分であり、
糖分が不足すると、頭の働きも鈍くなることは科学的
にも証明されています。

朝起きた時、脳は既に栄養枯渇状態であり、朝食で
炭水化物を補うことで、エネルギー源となる糖分(ブドウ糖)が

受験勉強において、英語に手こずっている受験生は
毎年かなりいます。

また、就職、海外留学などのためにTOEICやTOFELの
英語の資格試験を受けなければならないのに、英語が
苦手、あるいは英語の勉強の仕方が分からない、という

私が大学受験生の頃は、いつも英和・和英辞典を
鞄の中に入れて、学校、予備校の授業時に携帯する
ことが義務づけられていました。

確かに、長文を読んでいる際、分からない単語に
遭遇したらその都度辞書を引いて意味を確かめる

どんな試験であれ、合格するためには、いろいろと
覚えなければならない事がたくさんあります。

英単語、英熟語、漢字、四字熟語、数学の公式、
化学反応式、歴史の年表、人物の名前、地名、
法律用語、経済用語、ある部分の名前など。

受験勉強時には、ノート、答案用紙、要らない紙切れ
などに、いろいろ書くことも多いでしょう。

もちろん、答案用紙には、鉛筆やシャープペンシルで
記入しますが、普段物事を覚える時には、実は鉛筆など
ではなく、ボールペンを使用すると、手も疲れることなく、

受験勉強をする際、時間内にいかに集中して
勉強するかが大切となりますが、実はこの
集中力というのは、些細なことで壊されやすい
ものです。

学校や予備校では、授業終了時にチャイムが鳴る

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談