受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

最終的に選ばれるために

試験に合格するために、これまで受験勉強を頑張って
きたのですから、どうしても「合格」を手に入れたい
ものです。

ここで、合格するとはどういうことかをもう一度
思い出してみます。


試験に合格するということは、試験をする側に「落とされない」
ということです。

試験を目の前にすると、ついこの単純な現実を忘れてしまい
がちです。

落とされないためには、試験中どんなことが必要かを
考えてみると意外とシンプルなものです。

うっかりしたケアレスミスをなくす。
みんなができる問題を落とさない。
試験問題の中で自分ができる問題をできるだけ多く
正答するようにする。

これらのことを忘れなければ、試験本番で、できもしない
問題に無駄な時間を費やしたり、緊張のあまりケアレスミスを
連発したり、ということもなくなります。

「合格しよう、選ばれよう」と意気込むのではなく、
「落とされる要素」をなくしていく。

試験本番を迎えた時に大切なのはこの姿勢です。

本番で、自分の持っていない実力を発揮しようとすると、
とんでもない墓穴を掘ることになります。

今時点で自分の持っている実力だけを出し、出せないものは
さっさと見切りをつけて諦めて、できるものだけに手を出す。

これが、試験本番で最終的に合格できるタイミングの鉄則です。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談