受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

休みの日の過ごし方

試験本番を迎えるまでに、何度か休日を迎えるはずです。

休日とは、学校、予備校通いや模擬試験などがなく、
自分の家で自由に過ごせる日のことを言います。

大学受験などは、入試1ヶ月前は、ほぼ毎日が休日に
なることも珍しくありません。


それ以外の時でも、大抵1ヶ月に2.3回以上は休日を
迎えるでしょうし、逆に休日が全く取れない生活と
いうのは考えものです。

この休日を特別視して、できる限りの勉強をしよう、と
意気込む受験生も多くいますが、結果として自分が思った
ほど勉強できずに落胆してしまうことが多いのです。

つまり、休日は、これまでの勉強の遅れを取り返せるという、
変な錯覚に陥りがちなので、注意が必要です。

いろいろと勉強したいと思う気持ちも分かりますが、
合格できるために欠かせないのが、それまで自分が
つけてきた実力をきちんと発揮できるかどうかです。

もう既に勉強していることは、きちんと身についているものと
思い込みがちですが、実は忘れてしまっていたり、ちょっと
応用されたりすると、途端に解けなくなってしまう問題も
多いはずです。

そこで、休日の日には、新しいことには手を出さずに、
今まで自分が勉強してきたことの復習、確認に当てる
ようにします。

自分では「できる」と思っていたことが実はできなかった場合、
休日ですから、再復習する時間はあります。

この再復習を繰り返すことによって、試験本番で発揮できる
本当の実力になっていきます。

受験勉強を進めていく過程では、新しいことを勉強することに
追い立てられ、実はこれまで学習したことを再度確認する
時間が意外と取れないものです。

この際、休日は、「これまで勉強したことを復習する日」と
割り切ってしまった方が、変な焦りもなく、充実した休日と
なるはずです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談