受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

成績がずっと振るわない場合

模擬試験や塾の実力テストで、毎回成績が悪いと、
目標とする試験にも合格できないと思われがち
ですが、必ずしもそうとは限りません。

先にも述べたように、模擬試験や実力テストの結果は
「途中経過」の実力であり、試験当日の実力では

ありません。

一般的に、予備校や塾などは、本番の試験前に模擬試験
なるもので受験生の実力を測って、それをもとに合格の可能性を
示す傾向がありますが、この結果に落胆してしまって、試験本番に
向けての実力強化を諦めてしまうのは、あまりにももったいないことです。

現に、試験本番までのテスト結果が毎回振るわなくても、
周囲の予想を裏切って、見事に合格する受験生も
たくさんいます。

そのような受験生たちの勉強の仕方を見ていると、毎回の
テストでは、結果に落胆せずに、自分のできなかったことを
滞りなく復習しています。

単に「成績が振るわない」イコール「試験もだめだ」
ではなく、「どこができないのか?」を冷静に見つめ、
それを補強すべく鍛錬を積み続ける姿勢を持つことが
合格につながるのです。

逆に、毎回のテストでいつも良い成績を取っていても、
どこかしら自分のできなかった所、弱点はあるはずです。

そのできない所を復習もせずに放っておくと、試験本番でも
できずに痛い目を見ることになります。

成績が悪いほど、補強すべきことがたくさんあって、めげそうに
なりますが、一つ一つを粘り強く補強して、試験本番に自分の実力を
ピークに到達させるようにする。

合格できる勉強法には、このような姿勢が欠かせません。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談