受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

試験前日の勉強

試験本番を翌日に控えて、最後の勉強をするのと、
あるいはリラックスして全く勉強しないのと、
どちらが良いかという質問をよく受けます。

答えは簡単で、その試験前日に決めればいいわけです。

試験前日の心境は受験生により異なります。


「少しでも、本を開いていないと落ち着かない」人も
いれば、「本を開いて、少しでも分からないことに
ぶつかると途端に不安になってしまう」人もいます。

長い目で見ると、試験前日の勉強が結果の合否に
及ぼす可能性はほとんどありません。

しかし、万が一、「前日勉強したことが試験に出たら」
を考えて、試験前日も勉強に励む人もいます。

これはもう受験生の心理的不安をいかに解消するかの
問題になるため、他人があれこれ指示する段階では
ありません。

私の場合は、試験前日に何もしないと返って不安に
なってしまうタイプなので、気をまぎらわすために、
適当に本を開いて勉強するようにしていました。

しかし、別の人は、試験前日に勉強するのは、いろいろな
意味で辛くなるので、全く勉強から離れて、音楽を聞いたり、
散歩したりして過ごしていました。

また、「試験前日は勉強しない」と決めていても、試験が
翌日に迫ると、俄然勉強に張り切りたくなる人もいます。

ですから、試験前日に勉強する、しないは前もって決め付けず、
その日が来たら、自分の気持ちに正直になって決めれば
よいだけのことです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談