受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

子育て中の場合

子供が小さいうちは、どうしても親、特に母親の
生活は子供の生活サイクルに左右されることに
なります。

子供が幼稚園に入るまで、朝から晩まで子供の
めんどうを見なければならず、「自分の時間が

ほとんど取れなかった」、と嘆いている母親も
大勢います。

また、子育てだけでなく、他の家族の食事の支度や
洗濯、買い物、その他諸々のことで、人のお世話だけで
一日が終わってしまって、自分のための勉強などとんでもない、
という主婦もいらっしゃることでしょう。

このような場合、ある決まった時間を「試験のために
勉強する時間」と決めても、家族に邪魔されたり、
思いがけない用事にイライラするだけです。

しかし、「だから子育て中は受験勉強など無理なのだ」
と諦めてしまうのは早すぎます。

まずお勧めなのは、朝、子供も他の家族も起きる前の
時間に勉強を済ませてしまうことです。

もし、朝時間が取れない場合は、夜、家族みんなが
寝たあとでも構いませんが、この場合は、あまり夜遅く
まで勉強して睡眠不足にならないように注意する必要があります。

そして、一日のうち、ちょっとしたチャンスを見つけては
勉強する姿勢を貫くことです。

子供が昼寝した時。
夕方、夫が会社から帰ってくるまでの間。

洗濯機を回しながら、子供をおんぶしながら、たとえ
10分でも時間を見つけてちょこっと勉強してしまう
ようにします。

慣れてくると、ちょっとした空き時間を見つけて、
勉強をこなすことがとても楽しくなってくるはずです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談