受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

部活がある場合

学校の運動部に所属していると、体力も時間も
相当量部活に費やすことになり、受験勉強への
エネルギーなど残っていない、という場合もある
ことでしょう。

運動部でなくても、部活に所属している限り、夕方遅く

まで、そして休日は一日、部活関係の行事に費やされて
しまうこともよくあります。

部活や強制的な参加ではないとはいえ、今さら
受験勉強のために途中でやめることは難しい。

ましてや責任のある立場になってしまうと、部活関係の
ことも手を抜けず、結局受験勉強が先延ばしになって
しまうというジレンマに悩んでいる学生も多いものです。

部活も仕事と同じで、受験勉強ができない理由を
部活のせいにしていると、絶対に先には進みません。

そもそも部活のために勉強できない理由を掘り下げて
みると、部活で疲れてしまってちょっと時間があっても
勉強できない、とか、勉強時間がほとんどない、という
ことに尽きます。

そこで、部活で疲れてしまう前に勉強する工夫をします。

朝起きてから部活が始まるまでのちょっとした時間で
良いので受験勉強をしておくとよいでしょう。

一日の生活の中には、意外と細切れ時間があるものです。
その細切れ時間を見つけては、勉強に当てる。

それでも、こんな細切れ勉強では、絶対的な勉強量が
足りないのでは、と心配になるかもしれません。

しかし、たっぷり時間があってもだらけてやる勉強より、
ほんのわずかな時間集中して勉強した積み重ねの方が
はるかに効率よいものです。

受験勉強中には、いろいろな制約を言い訳にしたくなりますが、
その制約をうまく利用した方が確実にうまくいきます。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談