受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

日々の制約をどう乗り切るか?

私たちは、ともすれば、自分の思い通りに
事が運ばないことを、周囲の環境や制約のせいに
していしまいがちです。

「うちの家系には頭のいい人がいないから無理」
「お金がないから、やりたい勉強ができない」

受験は頭脳勝負と思われがちですが、実は身体の健康も
無視できないほど大切なものです。

人間であれば、日によって体調が冴えない時も
ありますし、風邪などをひいてしまえば勉強どころ
ではなくなります。

独学していると、つい周りの人からの誘いに
のってしまい、次々と自分の勉強する時間が
蝕まれてしまうことがよくあります。

仕事上でやむを得ず、付き合わなければならない
こともあるでしょう。

予備校や専門校に通うには、経済的な面のみならず、
時間的な面もクリアしなければなりません。

社会人のために、夜間開いている専門校もありますが、
仕事を終えた後に通って授業を数時間受けるのは、
負担ということもあるでしょう。

受験勉強を進めていく過程で、予備校や
専門校に通うことを考える必要も出て
くるでしょう。

しかし、本格的にこれらの学校に通うとなると、
どうしても年間まとまった費用が必要と

子供が小さいうちは、どうしても親、特に母親の
生活は子供の生活サイクルに左右されることに
なります。

子供が幼稚園に入るまで、朝から晩まで子供の
めんどうを見なければならず、「自分の時間が

学校の運動部に所属していると、体力も時間も
相当量部活に費やすことになり、受験勉強への
エネルギーなど残っていない、という場合もある
ことでしょう。

運動部でなくても、部活に所属している限り、夕方遅く

普段はフルタイムで仕事をしながらも、転職のために、
あるいは昇進その他の理由で資格取得をめざして、
勉強に励んでいる社会人の方も大勢いらっしゃいます。

時には、今携わっている仕事と全く方向の違う
資格取得めざして勉強しなければならないことも

家事を担当するようになってから、家事の合間を
縫って受験勉強をするようになりましたが、この
やり方は、集中力が長続きしない私にとっては
とてもよかったようです。

朝5時に起きて、1時間ほど勉強し、それから

私が大学の医学部受験を控えて、何度か試行錯誤を
繰り返していた頃、急に家事全般を担当することに
なりました。

それまで、家事一切は母親に任せていて、私は専ら
予備校通いと受験勉強に専念していればよかった

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談