受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

内職の賛否両論

内職とは、授業中に自分でほかの勉強をする
ことですが、この内職をするかどうかは、
状況によります。

高校などで、受験に必要のない科目をどうしても
受けなければならない時、人によってはその授業を

全く聞かず、自分に必要な勉強をしていることも
あります。

私も高校時代、何度も内職をしました。

ただ、せっかく内職をするのでしたら、きちんと
効果のある方法で行わなければなりません。

まず、内職するには、授業中、先生が生徒を当てて
質問に答えさせたり、干渉してこない授業を選ぶこと
です。

教師の目を気にしていると、どんな内職も決して
はかどらないものです。

また、授業中は教師の声が常に響いていますから、
物を暗記したりする勉強は内職には不向きです。

自分では外部からの音声をシャットアウトしたつもりでも、
人間は自然と聞こえてくる音には耳を向けてしまう
ものです。

物事を記憶する際には、大脳に記憶すべき以外の刺激が
与えられると、途端に記憶の効率が下がってしまいます。

そこで内職に適しているのは、計算問題や英語の文法問題
などの単発的にできる問題、または、その他の科目でも
穴埋め問題など比較的時間を要さずに取り組めるもの
などです。

間違っても、大きな問題や長文読解問題などには取り組まない
ことです。

また、読書などは一見内職に適しているようですが、
外部からの雑音がある環境では、意外と内容が頭に
入ってこないものなので、やめた方がよいでしょう。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談