受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

授業の選択のしかた

学校では、あらかじめ授業の時間割りが決められて
います。

しかし、予備校では、受験科目や自分の都合に合わせて
授業を選択できるところもありますし、たとえ時間割が
決められていても、自分で必要ないと考えた授業は

受けないで済むこともあります。

授業を選択する際にまず注意すべきは、大して予習に
時間をかけなくても、その授業の内容がきちんと
理解できるかどうかということです。

内容の分からない授業をひたすら聞いていることほど、
退屈で苦痛なことはありません。

そして授業後、きちんと自分で復習する時間が取れるか
どうかということです。

私は、浪人時代、最初は朝から夕方までびっしりと授業が
ある予備校に通っていました。

そして、家に帰ると夕食、入浴などであっという間に
時間が過ぎてしまい、その日受けた授業の復習ができる
のは夜9時近くになってからでした。

当然、その日受けた授業を全科目復習するには時間が
足りなくなり、睡眠時間を削って勉強するか、あるいは
復習が不十分なまま、翌日また予備校に行くかしか
なくなりました。

これでは、せっかく授業を受けても、自分の実力と
することはできません。

そこで、授業を受けきちんと復習できる時間も取ることを
考慮すると、一日のうち、授業に費やす時間はせいぜい5時間
から6時間半までが限度と言えます。

あとの空いた時間はきちんとその日に受けた授業の
復習に費やしましょう。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談