受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

独学とグループ学習の違い

内職とは、授業中に自分でほかの勉強をする
ことですが、この内職をするかどうかは、
状況によります。

高校などで、受験に必要のない科目をどうしても
受けなければならない時、人によってはその授業を

学校では、あらかじめ授業の時間割りが決められて
います。

しかし、予備校では、受験科目や自分の都合に合わせて
授業を選択できるところもありますし、たとえ時間割が
決められていても、自分で必要ないと考えた授業は

授業、仲間とのグループ学習では、あらかじめ
いつ行われるかが決められているため、その時間に
なったら、一定時間、授業、グループでの勉強のための
時間となります。

グループ学習では、ある程度の時間的拘束や制約を

授業や講義、グループ学習では、教室など、
勉強する場がしっかりと整っている場合が
多いですが、独学の場合は、自分で勉強環境を
設定しなければなりません。

独学では、時間配分などは自分の好きなように

独学とは、自分一人で勉強に取り組むことですから、
裏を返せば、自分の都合の良いように、また好きなように
どんどん勉強を進めていっても構いません。

時間配分にしても、何も授業と同じく60分、あるいは試験時間と
同じく90分~120分と設定しなくてもよいわけです。

グループ学習では、同じ目的を持った仲間が
集まりますから、互いに刺激を受け、情報交換
しながら、ある一定のペースを保って勉強を
していくことができます。

たとえ自分自身にやる気がなくても、その集団の

独学のメリットとしては、やはり自分のペースで
自由に勉強できることでしょう。

人に干渉されることもなく、自分のレベルに
合わせて勉強を進められるわけですから、
変な緊張感もなく、落ち着いて取り組むことが

学校や予備校での授業もグループ学習に含まれますが、
これには大きく分けて2通りの形があります。

1つは、多くの予備校が行っている形式で、授業時間中、
講師が一方的に講義し、生徒はひたすら聴いたりノートを
取ります。

独学とは、文字通り一人で勉強することです。
しかし、独学といっても具体的には様々な
勉強の仕方があります。

一人で宿題に取り組むことも独学です。

授業後、家で復習しながら、授業で吸収したことを

試験をめざして日々勉強に励んでいる受験生の
中には、家で一人でコツコツと勉強している人も
大勢います。

しかし、試験本番を迎えるまで、本当にずっと一人で
頑張っていくのかというと必ずしもそうではないはずです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談