受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

模擬試験の利用の仕方

予備校からは、定期的に模擬試験が開催されます。

この模擬試験は、別にその予備校に在籍していなくても、
申し込めば自由に受けることができます。

予備校の講習などは、自分の都合に合わせて受ける
ことがお勧めですが、模擬試験は可能であれば、

実施されるごとに受けることをお勧めします。

ただし、模擬試験というのは、休日にほぼ一日がかりで
行われます。

朝から昼食をはさんで夕方まで試験を受けるというのは、
本当に疲れます。

ですから、せっかく受けるのであれば、入試本番の
つもりで受けるのがよいでしょう。

時間配分、どの問題から手をつけるか、など、時間の
区切られた模擬試験だからこそ、練習できる課題も
たくさんあります。

そして、さらに大事なのは、模擬試験を受けたあとの
復習です。

試験後、大抵解答、解説が配られるので、数日のうちに
解説をしっかりと読んで復習することをお勧めします。

そして、実際に答案が返却されてきたら、二度目の復習を
します。

その後、1ヶ月間を空けて、今度は、できなかった問題を
中心に自力で答案が書けるようになるまで、何度も
復習します。

答案返却と同時に「合否判定」もついてきますが、この判定に
ついては、気にしないようにしましょう。

要は、試験を受けて、その度に自分の実力を強化させ、本番に
備えていく、というのが大切なのです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談