受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

予備校の授業時間

予備校により、1コマの授業時間はさまざまですが、
1コマ90分~100分というのは、正直長すぎるような
気がします。

大学入試では、通常1科目90分~120分なので、1コマ
90分以上の授業も集中できて当たり前、という考えから

このような長めの授業時間を設定している予備校も
あります。

しかし、授業と試験とは違います。

試験中には、自発的に試験問題に取り組んでいくため、
90分以上の時間も難なく過ぎてしまうものです。

仮に試験時間が長すぎると感じるのは、取り組んでいる
問題が、自分にとってあまりにも簡単すぎるか、逆に
難しすぎる場合です。

それにひきかえ、予備校の授業というのは、どうしても
講師の説明をノートを取りながら受身的に聞くことに
なりがちです。

受身的に話を聞く場合、大抵60分の集中力が限度です。

私が大学受験の浪人中に通った予備校に、1コマの授業時間が
50分というところがありました。

そこもコースにより学力別にクラス編成され、クラスごとに
一日6コマの時間割が組み込まれていましたが、その全てに
出席する、しないは生徒の自主性にまかされていました。

つまり、自分で出席しなくてもよいと判断した授業には
無理に出ることなく、自習室で勉強できました。

人間の集中力の継続性を考慮すると、一日のうち、1コマ90分以上の
授業に何コマも出るよりも、1コマ60分程度の必要な授業にだけ
出る方が、効率的なような気がします。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談