受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

塾に通う子供の実態

それでは、子供の方はどのような思いで
塾に通っているのでしょうか?

もちろん、これはその子自身の意気込みや能力、
そして性格などにより千差万別に異なってきます。

私も小学校5,6年は近くの進学塾に、中学校2,3年は

大手予備校に通っていましたので、その際、塾に来ている
仲間とよく「塾に通う意義」について話し合ったものです。

そこでよく聞かれたのは、「塾の授業は高度でためになる
けど、正直自分にとっては負担」というものでした。

負担に感じることの理由の第一は、時間的拘束です。

でも、塾に通わずに果たして家で自分で自主的に勉強
できるかというと、それも自信がない。

だから、親に言われるまま塾に通っていた方が
結局は自分のためになるのではないか、と考えている
人が大半でした。

負担に感じる第二の理由として、宿題や課題を出されて、
それをこなすのが大変というものでした。

できれば、自分で好きな問題集をやりたいけれど、それも
やり切る自信がない。

それよりは、塾や予備校に与えられるままの宿題をこなして
いった方が何となく合格できそう。

つまり、塾や予備校に通っていれば、合格までのレールに
乗れているような気がする。

私も仲間もそのように考えていました。

負担だけれども、子供自身も大半は、安心感のために、多少
無理して塾や予備校に通っているというのが実態です。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談