受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

夜食は時代遅れ

朝起きた時、脳がガス欠状態になってしまうのなら、
夜勉強する際に夜食を取ればいいのでは、と考えて
しまう人も多くいます。

実際、夜型の人は勉強して大体真夜中の12時頃になると、
お腹がすいてきて、おにぎりやサンドイッチなどの

夜食を口にする、という人もいらっしゃることでしょう。

しかし、この夜食というのは、今度は身体に良く
ありません。

夜食により摂取され、消費しきれなかった分は脂肪分
として体内に蓄積されていきます。

夜食を取って、勉強を一頑張りして寝た後も、身体の
中では消化活動が続けられれています。

起きている時に消化にかかる時間は大体2時間から3時間
くらいですが、睡眠中は胃や腸の動きも遅くなるため、
完全に消化活動を終えるのに、もっと時間がかかって
しまうことになります。

そして起きる頃には、ようやく身体の中で消化活動が
終わった時で、さらに消化しきれなかった脂肪分が
蓄積されますので、何となく身体が重く感じます。

身体が重く感じると、気分も萎えてしまって、朝から
エネルギッシュに頭を使おうという気にならない
ものです。

夜食が習慣化すると、当然脂肪分が身体に蓄積され
続けるので、肥満になりやすく、肝心の脳よりも
皮下脂肪を中心とした良からぬ部分に栄養が
行きやすくなります。

以前、受験生には夜食がはやっていた時代がありましたが、
これは栄養学的に夜食の身体への影響が解明される以前の
話です。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談