受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

朝食は絶対に抜かない

朝遅く起きて、朝食取る時間もなく、バタバタと
出かけていく、という生活を送っている若者が
最近増えてきています。

まして休みの日などは、朝食を取るべき時間に
起きられないために、朝と昼が一緒になった

いわゆるブランチで済ましてしまう人も
多いことでしょう。

しかし、脳は寝ている間にも絶えず栄養源となる
ブドウ糖を消費しているのです。

一般的に人間は寝ている間は食事することが
ありませんから、起きた時には、脳に必要な
栄養源がほとんど消費されてしまった状態に
あります。

ここで朝食でブドウ糖を中心とする栄養源を
補ってあれば、脳は再び活動することができます。

しかし、朝食を取らないままでは、いわばガス欠の
ままで昼まで過ごさなければならず、このような
状態で脳が適切に働くわけがありません。

もちろん、朝からしっかりとお腹がすいてきちんと
朝食を食べられればいいのですが、朝はそんなにたくさんは
食べられない、という人も多いことでしょう。

そこで、朝はブドウ糖を中心に栄養を補ってあげればOKと
考えて自分の食べやすいメニューで朝食を取りましょう。

和食なら好きなおかずを添えたご飯かお粥。
洋食ならトースト1とサラダ、できれば卵など。

要は自分のお腹の八分目の食事を朝食べてあげれば、
脳はきちんと活動できる状態になります。

極端な話、牛乳をコンフレークだけでも、全く食べないよりは
ずっとよいのです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談