受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

朝起きるのが辛いのは要注意

私も受験生の時、明け方2時、3時まで勉強し、
翌朝なかなか起きられず、ぎりぎりの時間まで
寝坊して、やっとのことで起き出しては予備校に
行く、ということをやってました。

当然、朝食もあまり取れず、予備校に着いても

眠気と空腹と闘いながら授業を受けていたり、
時には居眠りしていることもよくありました。

とにかく一日中眠くて調子が出ず、やっと夕方に
なって勉強しようかと気になってくる。

そして、夜9時以降になぜか目が冴えて、勉強を
始める、という状態を繰り返していました。

しかし、こんな方法で勉強していると、困ったことが
いくつか起きてきました。

まず、昼間、半ば眠りながら受けていた授業ですから、
きちんと理解していません。

そして、模擬試験などは当然昼間行われます。

ひどい場合には、午前中最初の科目の試験から、問題を
見た途端に眠くなってしまって、結局夜勉強して身に付けた
はずのことがほとんど答案用紙に書けずに終わってしまった
こともよくありました。

こんな状態ですから、休みの日などは昼近くまで寝坊
していました。
そして起きてからも何となくぼんやりしていました。

つまり、この年には、夜しっかり勉強した気になっていて、
実はあまり身についておらず、反対に昼間はほとんど
睡眠不足で疲労した脳を抱えながら生活していたことに
なります。

「朝起きるのが辛い」ということは、一日の始まりの時間で
あるにもかかわらず、脳が疲れている証拠です。

脳が疲れていれば、その日は物事を覚えたり、考えたり
することが非常に困難となります。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談