受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

正しい記憶力のつけ方

受験勉強にまず、記憶力をつけることが欠かせないと
分かったとして、今度はこの物事を記憶する段階で、
間違った方法を実践している人がかなり多くいます。

試験では、たくさんの無味乾燥なことを覚えなければ
ならなかったり、日常生活上では絶対必要ないのに、

試験に通るためだけに、むやみに覚えなければならない
こともあります。

よって覚えなければならないと、無理やり頭に叩き込んで
苦しい思いをしながら勉強していく。

この方法では、長く勉強続けることは無理ですし、肝心の
試験の時に、自由自在に記憶を引き出せなくなる可能性も
あります。

記憶力のピークは20歳前後で、それ以降はどんどん低下
していくと言われていますが、実際には、頭の使い方に
より、20歳以降も、若者に負けない素晴らしい記憶力を
保つことができます。

そこでまず覚えなければならない事項を提示されたとします。

受験生の中には、きれいにノートを作ったはいいけれど、
実際はそのノートに書いてあることが、頭に入っていない
人もいます。

ノートは覚えるべきことを整理して、自分に分かりやすい
ようにした道具に過ぎません。

正しく記憶力をつけるには、まず覚えるべきことを
なるべく早いうちに、一度覚えます。

覚え方はそれぞれですが、なるべく視覚的にイメージしたり、
声に出したり、書いたりしながら、自分なりの方法で
覚えた、と思うまで繰り返します。

最後に自分で自分にテスト形式で覚えたかどうかを
確認する作業を怠ってはいけません。



【ライバルに差をつける圧倒的な記憶力】

最近は、「記憶力」に関しての研究開発も進み、
そのノウハウも数多く提供されるようになりました。

もし自分に記憶力がないことを悩んでいるのなら、
あれこれ考えることはやめて、その恩恵に授かることも
近道であり得策です。

特に最近は、右脳をフルに活用して、記憶力を高める方法が
盛んに研究されています。

受験勉強をしていると、どうしても左脳だけを酷使して、
芸術や空間認識に関わる右脳は疎かになりがちです。

試験に向けて、いろいろ記憶しなければならないことが多い
状況に置かれているならば、以下の記憶術を勉強に利用すると良いでしょう。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談