受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

雑用、邪魔が入った場合

せっかく勉強しようと机に向かったのに、友達から
電話がかかってきてつい長々と話し込んでしまった。

家で勉強していたら、親に急に買い物を頼まれてしまった。

結局、勉強時間は大幅に削られ、予定の課題が
終わらないままのこともよくあります。


もし、このような事態に陥ったら、急遽別に時間を
作って埋め合わせする覚悟が必要です。

しかし、決めた時間以外に勉強するのがどうしても
嫌だ、という場合は、勉強時間にはなるべく時間を
要する用事には手を染めない方が賢明です。

つまり、自分で決めた勉強時間中は絶対に電話に出ない。

家族には事情を話し、自分が決めた勉強時間中は、
余程のことでない限り用事を引き受けないようにする。

この姿勢を守るだけでも、相当自分の思い通りに
勉強に当てる時間が確保できるはずです。

ただ、普段の生活では、どうしても勉強を中断せざるを
得ない事態にまきこまれることもよくあります。

その場合は、試験が翌日に迫っている時は別として、
その日の予定を翌日や別の日に回すくらいのゆとりは
持ちましょう。

雑用や邪魔に振り回されるのではなく、それらを肯定的に
受け入れ、臨機応変に勉強の予定を変更していく。

これがうまくできれば、受験勉強の障害となるものに対して、
いちいちストレスを感じなくなります。

自分を引き締めつつ、時には長い目で見て、計画どおりに
いかないことに寛容になることも一つの訓練と考えましょう。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談