受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

勉強時間の使い方

午前中3時間の勉強時間が確保できた場合、
この3時間中どのように過ごすかは、それぞれの
事情によりますが、せっかくの勉強時間ですから、
だらだらしてしまっては意味がありません。

この3時間中、ずっと同じ科目をやっている。

ずっと同じ問題を考えてしまって、結局この
3時間内に仕上げたのは1問だけ。

あるいは、最初は集中できたのに、2時間過ぎたあたり
から気が散って別のことを考えてしまっていた。

勉強すべき時時間にだらだらとしてしまうのであれば、’
ほかの遊ぶことに使っていた方がはるかに有意義です。

つまり、この勉強時間内にも過ごし方にコツがあります。

勉強とは、本当の実力をつけるためにするものですから、
勉強する本人の気分が乗らない時には、いくら物を覚えたり、
問題演習しても無駄になってしまいます。

そこで、集中して勉強に取り組めるために、まずは集中できる
範囲で勉強を始めることです。

3時間のうち1時間ずつ3コマに分けて、それぞれ違う科目に
取り組む。
これだけでも、1時間1時間が充実してきます。

また、とりあえず簡単に取り組めるものから始めて、それが
終わったら軽い休憩を取り、次の課題をやってはまた休憩を
取る。

目的とする試験に合格するために必要なのは、勉強時間では
ありません。

合格するために必要な実力をつけることなのです。

勉強時間は、その実力をつけるために与えられた貴重な時間だと
認識し、自分なりにメリハリをつけて過ごすことが鍵となります。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談