受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

勉強に当てられる意外な時間帯

受験を控えているからといって、何も毎回一定時間
勉強しなければならないわけではありません。

午前中と午後の3時間、そして就寝前の2時間の
合計8時間は、確かに本腰入れて勉強する時間帯に
当てたいところですが、この8時間の確保が

難しい場合もあります。

例えば、学生であれば、平日の昼間は学校に通っている
こともありますし、仕事を持っていながら勉強していれば、
さらに勉強時間の確保は難しくなってきます。

部活動をやっていて、夕方遅くまで家に帰れない
こともあるでしょう。

このように、今現在、一日8時間の勉強が確保できない状態に
あるからといって、何も悲観する必要はありません。

勉強時間が取れないなら取れないなりに、ちょっとした時間を
ひねり出す工夫をすればよいのです。

お勧めなのは、朝1時間ほど早く起きて、朝食までの間を
勉強に当てることです。

私も仕事をし出してから、研修医時代はほとんど一日中、
病院での仕事に追われていました。

それでも、なるべく空いた時間は臨床の勉強に当てたかったので、
何とか勉強時間をひねり出すようにしました。

仕事を終えた後はくたくたに疲れていたので、帰宅後すぐに
寝て、朝は5時に起きるようにしました。

そして、朝食までの1時間をじっくりと勉強するように
しました。

これは、当直で病院にいても、その時間帯に呼び出しさえ
なければ実行できました。

また、職場に向かう通勤時間帯もちょっとした本を読む時間に
当てることもできました。
時にはCDで英語を聞き流していたこともあります。

このように、朝から午前中にかけて、ちょっとした細切れの
時間は意外と使えます。

夕方以降も、ほんの帰宅時電車に乗っているときや
夕食前の20分とか、就寝前の30分も無理ない範囲で
勉強していると、意外にはかどることもあります。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談