受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

スランプに陥る理由

試験に向けて必死に勉強している間に、やる気が
なくなったり、勉強している割には効果が出ない
ことを「スランプに陥った」とよく言います。

私の経験からして、普通に勉強していれば、この
スランプは大体において、1週間に1度はやってきます。


多くの受験生は、「スランプに陥るのは気合が足りない
からだ」と無理に歯を食いしばって勉強しようとします。

しかし、大切なのは、スランプに陥った時、その状態を
無視して無理に気合を入れて勉強を続けることでは
ありません。

そんなことを続けていると、ますますどつぼにはまって
苦しむことになります。

それよりも、なぜ今回スランプに陥ってしまったのか
冷静に考えて対処することの方が、はるかに苦しみなく、
前進することができます。

まず、やる気がなくなったということは、それまで
猛烈に勉強してきた証拠です。
自分に多少無理してでも、勉強を頑張ってきたから、
ある時不意に休みたくなるのです。

この時は、脳が「休んでほしい」というサインを出している
わけですから、抵抗せずに休むのが得策です。

休めば必ずまた、「勉強しよう」という気力が出てきます。

次に、勉強していても成績が伸びない時。

これは、今までの勉強の仕方を見直すチャンスです。

自分では一生懸命やっているつもりでも、勉強している割には
実力が伴っていないということは、それまでのやり方が
間違っているか、自分に合っていないからです。

ここは正直に、これまでの勉強の仕方を見直して、
どう変えたらいいのか、対策を考えましょう。

自分では無理なら、教師や先輩、専門家に相談して、
打開策を見つるのも良い方法です。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談