受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

やる気がなくなるのはどんな時?

私の経験上、勉強や来るべき試験に対して、
やる気満々で日々の勉強にもエネルギッシュに
取り組めている、という状態になることは
ほとんどありません。

一時的にやる気が出るものの、次の瞬間には

風船がしぼむように「勉強しよう!」という
気持ちも萎えてしまう。

昨日はある程度集中して勉強できたのに、
なぜか今日は机に向かうのも、問題集を
広げるのも億劫だ。

このような状態の時、無理に自分を叱咤激励して
勉強しようと思っても、返って思うように
進まず、イライラしてしまうだけです。

では、一体なぜ、やる気というものはなくなって
しまうのでしょうか?

実はやる気がなくなるには無数の理由があります。

逆にやる気が出る理由は本当に少なく、
確かなことは、やる気がある時はその人の
身体も頭(脳)も最高の健康状態にあるのです。

その裏を返せば、やる気が少しでもなくなるというのは、
その人の身体や脳がなんらかの原因で健康でなくなっている
ということです。

まず身体が元気でなければ、いくら精神に気合を入れても
やる気などありません。

また、いくら身体が元気でも、脳が疲れていれば、どんな
に頑張ってもやる気は出ないのは当然です。

そして、この脳が疲れてしまうには数え切れないほどの原因が
あります。

睡眠不足、栄養不足。
何か嫌なことがあって気持ちが沈んでいる時。
不安を抱えている時。

そして、多少の無理をして、脳が休息を要求している
時も、脳は疲れの信号を発します。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談