受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

家庭教師のつけ方

子供を塾からやめさせて、いざ家庭で勉強する
体制を取っても、受験を控えていると様々な
不安がついてくるものです。

塾に通い続けている子に比べて、勉強の進み具合が
遅れてしまうのではないか?


塾に行っていないと大事な受験情報も入ってこない。

しかし、受験準備には、まずは子供自身が勉強しない
ことには話になりません。

そこで、勉強の進み具合、受験情報その他の点を
補う方法として、家庭教師をつける方法があります。

この家庭教師は、受験勉強のためなら、なるべく
進学塾から派遣される教師を選ぶと良いでしょう。

学校の勉強の補強や、勉強ペースを維持するために
家庭教師をつけるのであれば、名門大学に通っている
大学生でも構いません。

いずれにしても、子供の勉強ペースをしっかりと維持
してくれる人を家庭教師に選ぶべきです。

塾と同じペースを保ちたいのであれば、週3回、一回2時間が
理想ですが、それは子供の生活基盤を考えて適宜調整する
ようにします。

また、子供によっては、人について勉強するのが嫌という
こともあります。

その場合には、通信添削を取り入れるのも良い方法です。

通信添削で勉強していく場合には、期限までにきちんと
添削を提出することを守っていかなければなりません。

どの方法を取るにしても、まずは子供自身が自分で
勉強して実力をつけているかどうか。
この点を常に見落とさないことが大切です。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談