受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

勉強のさせ方

子供の集中力というのは、そんなに長くは
続かないものです。

遊びや自分の好きなことならともかく、「勉強」
という、ある種の我慢を強いられることに
対する集中力というのは、すぐに切れてしまう

ものと考えて対応する方が賢明です。

例えば、これから塾に行く時。
一度、塾の教室に入ったら、これから3時間ほど
外に出られないのかと思うと、とてつもなく
うんざりするものです。

また、宿題や家庭学習しようと机に座って、
これから1時間は机の前を離れることが
できないと考えた途端に嫌気がさして
くるものです。

勉強というのは、何も長時間机の前に座って
しなければならないものではありません。

要は、しなければならない宿題をこなせたり、
テストで良い点が取れたり、果ては目標とする
志望校に合格できればよいわけです。

ですから、何も「今から1時間勉強する」と
決めてかかる必要はありません。

その日勉強しなければならないことを勉強しては遊び、
を繰り返しながらこなしていってもいいわけです。

私もそれほど集中力が続かない飽きっぽい子供
だったので、次のように工夫しました。

例えば、塾の国語の宿題半分までやったら、
友達とバレーボールして遊ぶ。

帰ってきて算数の問題集2ページやったら
今度はお手伝いの買い物に行く。

残りの国語の宿題を終えたら、あとはテレビを
好きなだけ見る。

このように細切れに勉強をこなしていった方が
気も楽でしたし、ある一定時間机に向かうより
意外と勉強がはかどったものです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談