受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

勉強は苦痛なもの

家庭学習時間は、小学校低学年では30分程度、
高学年では1時間程度と決められても、遊びの
時間を決められることはほとんどありません。

それは、学校側も保護者も、子供は放っておけば
勉強しない。

反対に遊びは無制限にするものと、分かっている
からです。

そもそも苦痛に感じるものは、時間が決められていない
とやりたがらないものです。

ではなぜ、子供が勉強を苦痛と感じるのか?

まず、勉強中はじっと机の前に座っていなければ
なりません。
動きたい盛りの子供にとって、これはかなり苦痛な
ことです。

そして、計算問題を解いたり、本を読む。
これには脳を目の前の事柄に集中させるべく、
他の事柄を排除しないとできません。

つまり、家族とおしゃべりしたり、テレビを
見ながらでは、集中できません。

つまり、勉強している間は、じっとして、
楽しいことも我慢していなければならない。

これが、子供が勉強を苦痛に感じる主な原因です。

しかし、時には、計算問題をゲームのように感じたり、
本を読んでいるうちにその本の中の世界に引き込まれて
しまうこともあります。

このような時、子供はじっとしていても、「自分は我慢して
勉強しているんだ」とは感じないものです。

ですから、ちょうど小学校3年生くらいから、勉強している
内容に興味を持つ子供が出てきて、家庭学習の時間がいくら
長くても苦痛に感じない子供がわずかながら出てくるのです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談