受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

家庭学習時間

私が小学校入学後、宿題のほかに一日30分の
家庭学習をするように担任の先生から課されました。

生徒一人一人が「家庭学習ノート」を作り、
家庭学習でやったことは、きちんとに書き込む
ように言われました。


漢字練習や計算練習、ドリルなどの問題は全て
家庭学習ノートを使ってやること。

さらに、本を読んだり、学校のテストの復習なども
したら、その家庭学習ノートにその日にやったことを
書き込むように言われました。

小学校1,2年生の時の宿題はごく簡単なものですから、
すぐに終わります。

それ以外は、あとは遊んでいたいところですが、
このように一日30分自主的に家庭学習しただけでも、
当時はとてもよく勉強しているように感じたものです。

とにかく、学校から帰って、家の中で30分机に向かって
いればよかったので、家庭学習でやる内容はともかく、
「30分間勉強する」ということの方が大切でした。

子供のことですから、この30分の間にぼんやりしたり、
遊ぶことを考えてしまったこともよくありました。

しかし、30分間は勉強しているかを親にも毎日
監視されチェックされているわけですから、
とにかく30分の我慢。

そして、30分過ぎれば、勉強から解放されて、思う存分
好きなことができるわけです。

この家庭学習時間は3、4年生になると1時間程度に
延びました。

とにかく、子供に一定時間机に向かわせる。
これが、大抵の小学校での初期の教育方針となっています。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談