受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

子供が勉強しないわけ

子供を塾からやめさせて、いざ家庭で勉強する
体制を取っても、受験を控えていると様々な
不安がついてくるものです。

塾に通い続けている子に比べて、勉強の進み具合が
遅れてしまうのではないか?

せっかく子供を塾に通わせたのに、何だか子供の
勉強意欲がなくなってしまって、これ以上、
通わせても無駄な気がする。

子供自身も塾に通うことが負担となってしまい、
ますます疲れてしまう。

よその子と比べてあまり勉強もせず、成績も芳しくない
我が子につい苛立ちを覚え、ことあるごとに
「勉強しなさい!」と言ってしまいたくなる
親御さんもたくさんいらっしゃることでしょう。

しかし、「勉強しなさい!」と言った直後、今まで

子供の集中力というのは、そんなに長くは
続かないものです。

遊びや自分の好きなことならともかく、「勉強」
という、ある種の我慢を強いられることに
対する集中力というのは、すぐに切れてしまう

中学受験めざして、意気揚々と進学塾へ
通い始めたのに、しばらく経つとなぜか
勉強したくなくなってしまうことがよくあります。

私にも経験ありますが、進学塾に通い出すと、
大抵週3~4日、夕方から夜まで3時間ほど

最近では、学校の勉強だけでは足りないと、
小学校4年生くらいから塾に通い始める子が
急激に増えてきました。

塾には、ご存知のとおり、補習塾と進学塾とが
あります。

小学校入学前は、自分だけで楽しいと思って
取り組んでいる内容も、学校に入ると他の
子供も勉強するようになります。

そして、学校ですから、時々テストがあり、
点数がつけられます。

小学校入学前から、自ら進んで机に向かう子など
ほとんどいません。

いるとすれば、幼少時から公文などに通っていて、
そこで計算などを習っているうちに、早く計算できる
ことにゲームのような面白みを見出している場合などです。

家庭学習時間は、小学校低学年では30分程度、
高学年では1時間程度と決められても、遊びの
時間を決められることはほとんどありません。

それは、学校側も保護者も、子供は放っておけば
勉強しない。

私が小学校入学後、宿題のほかに一日30分の
家庭学習をするように担任の先生から課されました。

生徒一人一人が「家庭学習ノート」を作り、
家庭学習でやったことは、きちんとに書き込む
ように言われました。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談