受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

入学試験は落とす試験

入学試験は選抜試験であり、入学するために
選ばれることが合格することであると
一般的には思われています。

しかし、選ばれるようにするためには、人より
抜きん出た何かを求められているように錯覚

しがちです。

殊に受験勉強をして最終的に選抜試験を受けるとなると、
合格するためには他の受験生よりたくさん勉強しなくては、とか
人ができない難しい問題も解けなくては、と思いがちです。

ところがここに多くの受験生がはまってしまう
落とし穴があります。

選ばれようとすると、つい完璧をめざして、
試験本番という限られた時間の中で、誰も
解けないような難問に奮闘してしまうことが
あります。

また、人間は変に気負ったり緊張していると、
普段は考えられもしないようなミスをしてしまう
ことがよくあるものです。

これでは、選抜する側つまり落とす側の思う壷に
はまってしまっているのと同じことです。

選抜される立場だからといって、何も特別に
目立つ必要はありません。

要は落とされる要素をなくしていけばいいのです。

些細なミスをしない、取りこぼしをしない。

このような落とされる要素をできるだけ少なくした
人が合格に近づいていき、結果として選抜されること
になるのが、選抜試験の本質です。

難しい選抜試験に向かって勉強している時ほど、
この「落とされる要素をなくす」という発想を
忘れないことが大切です。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談