受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

選抜試験の過酷さ

私も大学受験の時には、国立医学部という、高倍率で
定員の少ない所を第一志望にしたため、選抜試験の
厳しさを嫌というほど思い知らされました。

現役の時には、志望している医学部しか受けなかった
のですが、何度か試みているうちに、定員の少ない所に

挑戦しているのだから、実力だけでなく、運にもかなり
左右されているのではないかと薄々気づいてきました。

先に述べたように、せっかく合格点に達する実力が
あっても、最後の最後で「公平なくじ引き」なるものを
されて、くじから漏れて結果として不合格になるのは、
どう考えても納得いきません。

もちろん、少ない定員でも余裕で合格できる実力が
あるに越したことはないのですが、生まれつきの能力、
限られた時間で努力できることなど、いくら頑張っても
限界というのは必ずあります。

そこで、最後には発想を変えました。

「絶対国立医学部に受かりたい」と思う気持ちも確かに
大切ですが、それだと心理的に自分を追い詰めてしまい
そうだったので、「受かればラッキー」と思うように
しました。

そして、私立の薬学部、理学部など滑り止めを受けて
合格を確認し、医学部に落ちてもここに入学できる、
というところを作って自分に安心感を与えました。

最終的には、積み重ねた実力に加えて幸運も舞い込んできて、
めでたく希望どおりの国立医学部に合格できましたが、自分
としては、あまり過酷な選抜試験を通過したという実感は
湧きませんでした。

「難しい試験を受ける」と力むよりも、「うまくいけば
ラッキー」と肩の力を抜いた態度でのぞむ方が、最終的には
難しそうに見える試験も難なく乗り越えてしまえるものだと
思います。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談