受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

選抜試験か?資格試験か?

司法試験、税理士試験などいわゆる難関と言われている
資格試験の合格めざして、日夜勉学に励んでいる方も
数多くいらっしゃることと思います。

これらの試験の難しさは、いわば一般市民からの
期待が厚く寄せられる職業であることの反映です。


医師、看護師、薬剤師、技師など、医療職に就いている
人は、大抵国家試験を通過して、免許を認定されて
から、働くことができるわけです。

この国家試験を受ける前には、ある一定期間、
専門教育を受ける必要があり、この専門教育を

資格試験に合格するために、最も大切なことは?
と言えば、その資格が与えられても恥ずかしくない
だけの知識、能力などをできるだけ多く身に付ける
ことです。

資格さえ取れればいいのだからと、ぎりぎりの

最近は、いろいろな資格試験を受ける人が
増えてきています。

将来の就職に備えて、学生のうちから、できるだけ
多くの資格を取っておこうと勉強に励んでいる人も
いれば、美容師免許取得など、ある一つの目標に

入学試験は選抜試験であり、入学するために
選ばれることが合格することであると
一般的には思われています。

しかし、選ばれるようにするためには、人より
抜きん出た何かを求められているように錯覚

選抜試験は、合格の発表まで安心できないものです。

「自分としてはテストはうまくできたつもりだけど、
ほかのみんながもっとできていたらどうしよう?」

「今回は受験者数が多かったから、もしかしたら
無理かも?」

私も大学受験の時には、国立医学部という、高倍率で
定員の少ない所を第一志望にしたため、選抜試験の
厳しさを嫌というほど思い知らされました。

現役の時には、志望している医学部しか受けなかった
のですが、何度か試みているうちに、定員の少ない所に

大学受験において、私立大学では、合格者でも
入学辞退者が出ることを見込んで、水増し合格
させる所もあります。

水増し合格とは、予定の入学定員数よりも、
多く合格者を出すことです。

さて、塾で2年間みっちりと鍛えられて、小学校6年生2月には、
私立、国立中学入試のための「入学試験」を受けました。

これまで大手進学塾の「合不合判定テスト」などで、
「合格可能性濃厚」と出ていた学校に関しては、
「定員をめぐっての選抜試験」という認識が

私が初めて本格的な試験を受けたのは、小学校4年の終わり頃、
中学受験準備のために通う塾に入るための入塾試験を
受けるときでした。

科目は国語と算数の2科目。
国語では、「あいさつ」について、作文もありました。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談