受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

情報不足は致命的

私が初めての大学受験において、志望大学の目標設定
及び変更において、的確な対応ができなかった原因の
一つに情報不足がありました。

まず両親ともに国立医学部の受験についてもちろん
経験もなく、またどのようにしたらいいか、全く

知らなかったこと。

そして、私の通っている高校でも医学部受験者が
少なく、教師からも志望校設定について
現実的なアドバイスが受けられなかったことも
あげられます。

他の医学部を受験する人は、早々に現役の頃から
専門の予備校に通うなどして、実力強化はもちろん
のこと、医学部受験に必要な情報も自分でしっかりと
集めていたようでした。

私は、このような予備校の講習会に参加したのが、
高校3年生の冬で、まず目先のセンター試験対策に
追われ、志望校を変更しなくてはならなくなるなどとは、
考える暇もありませんでした。

当時はインターネットから情報収集することも
できず、書籍、予備校、先輩からの体験談など
自分からあらゆる機会を利用しないと、
的確な情報がつかめませんでした。

受験においては、選抜試験でも資格試験でも、
実力に加えて、正確な情報をいかに多く
知っているか、が大きく影響します。

私自身も、時間がなく余裕のない状況だったとはいえ、
もう少し、広い視野でいろいろな人からアドバイスを
受けながら、正確な情報を集める努力をしておくべき
だったと非常に後悔しました。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談