受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

私の苦い体験

高校受験までは、志望校を定めたら、
必ずその学校は受験してきました。

第一志望は、やはり自分の憧れの学校に定めるもので、
それ以外にすべり止めもしっかりと受けて、もし運良く
第一志望の学校に合格できたら幸運と思い、日々の

受験勉強の励みにしてきたものです。

憧れの第一志望校は、学校の下見に行くだけでも
とても楽しいものです。

また、過去の入試問題など解く時などは、たとえ
その時点で歯が立たないと思っていても、「もっと
勉強しよう!」という気持ちにさせてくれるものです。

大学の時も、高校3年生になった時点で、私は家の
近くの国立大学医学部に第一志望を定めました。

その大学の大学祭にも行きましたし、いわゆる赤本という
過去の入試問題集も早速購入して、実力がないなりに挑戦
しては、学校や予備校の先生に添削をしてもらっていました。

そのうち、私はたとえ浪人することになっても
その大学に通いたい、と思うようになりました。

ところが、毎年1月のセンター試験を受験した結果、その
大学の医学部のボーダーラインをかなり下回る点数を
取ってしまいました。

当時、私はまだ現役なのだから、受けたい大学を受けて
いいのでは?という軽い気持ちでその大学に出願しよう
としました。

しかし、父親の猛反対に遭い、結局ランクをかなり
落とした地方の国立大学医学部を受験することに
なりました。

この時点で私のモチベーションはかなりしぼんでしまい、
初めて行く土地の初めて見る大学に愛着が湧くはずもなく、
結局そこも不合格で、浪人することになってしまいました。

つまり、いくら医学部とはいえ、最初に定めた目標の変更を
余儀なくされたことに対して、気持ちの切り替わりができて
いなかったのです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談