受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

どのくらい難しいのか?


試験の時期と同様に、自分が受けようとする試験が
どのくらい難しいのか、も受験生にとって重大な
要素となります。

授業の理解度を確認するチェックテストであれば、
それまでに受けた授業の内容を勉強して理解して

おけば、割と高得点が取れます。

このような確認テストやチェックテストに対して
「難しい!」と感じている人はあまりいらっしゃい
ません。

なぜなら、勉強すれば何とかなる、という気楽な
気持ちで望むことができるからです。

それとは違って、例えば合格率3%という司法試験や
ある種の公務員試験などでは、このような楽観的な
態度で望むことはできません。

何しろ、合格できる人がほとんどいない、いわば、
せっかく試験のために準備しても無駄に終わることが
当たり前の試験なのですから、どのくらい受かりたい気持ち
が強いのか、により心理状態もかなり影響されます。

「難しいけれども絶対に合格したい!」と決意した途端、
受験生の心理状態もかなり緊迫したものになります。

しかし、「受かればラッキー!」みたいに構えていると、
それほど心理的に追い詰められたりはしません。

また、難しいけれども、しっかりと準備をしていれば、
受験生のほぼ90%が合格する試験などは、逆に落ちた
場合、準備不足を思い知らされるわけで、このような
試験の場合も受験生の緊張が高まります。

医師、獣医師、薬剤師、看護師などの医療職関係の
国家試験がこの類となります。

さらに、高校、大学の入学試験では、あらかじめ決められている
難易度ランキングが「どのくらい難しいのか?」という先入観を
受験生に与えます。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談