受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

目標はどのレベルに設定すべきか?

受験勉強にしろ、資格試験の勉強にしろ、試験に
向けての勉強を始めた時点で、既にみなさん、
目標を設定しているわけです。

模擬試験などでは、必ず志望校を記入させられますし、
資格試験では、その試験を受けると決めたから、

予想問題集を購入したり、準備ができるわけです。

では、この目標設定とはどのレベルに設定すれば
良いのでしょうか?

「目標」とは、辞書では「そこに行き着くように、
またそこから外れないように目印とするもの」と
定義されています。

つまり、受かりたい試験に向けて勉強を進めて
いく過程で、ゴールから反れないように、自分の
ために設定するものなのです。

この目標設定で避けるべきは、大した努力もしないで
簡単にクリアーできる、自分の現在の実力以下のレベルに
設定してしまうことです。

人間は、目標のレベルが低いと、自然とそれだけの
努力しかしたくない心理状態になってしまうものです。

ですから、始めに目標を立てる以上、必ず自分の実力
よりも、上のレベルに設定することが必要です。

極端な話、受験1年前の時点で偏差値40の人が志望校を
東京大学法学部に定めてもよいのです。

また、卒業した大学から司法試験合格者が一人もいなくても、
3年以内に司法試験合格の目標を設定しても構いません。

その目標は自分で定めたわけですから、それなりに
勉強していく発奮材料となりますし、自らの実力も
それに向かって向上していくことでしょう。

ただし、外せないことがあります。

先に述べたように、いつまでも理想を追うのではなく、
時期が来たら、それなりに現実的な軌道修正ができる
ことと、正しい情報、正しい方法に基づいた努力を
し続けることです。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談