受験・資格試験に合格するための受験勉強法を教えます。

いつ試験を受けるのか?

大学入試や就職試験という人生の進路を決定する大きな試験であれ、
普段の勉強の理解度を試すチェックテストやミニテストという
小さな試験であれ、いつ試験を受けるかは、とても重要なポイントと
なります。

例えば、明日の朝9時から試験本番が開始される場合と、

1年後の同じ日に試験が開始される場合とでは、心構えや
焦りの度合いもかなり異なってきます。

どんなに大事で大きな試験であれ、今の時点で1年後に開始される
試験に対して、夜も眠れないほど心配している人は、ほとんど
いらっしゃらないのではないでしょうか?

いらっしゃるとすれば、余程神経質な性格か、その試験に
通らないと自分の人生後がない、という切羽詰まった
状態に置かれた人でしょう。

大抵の場合、今からちょうど1年後に試験があるのだとすれば、
あと1年間、全力を尽くして試験に取り組めば何とかなるのでは?
と割と楽観視できるはずです。


反対に例えば、明日の朝9時から試験が開始されると
すると、どうでしょうか?

試験開始までにあれも覚えておかなければ、この問題も
解けるようにしておかなければ、と頭の中は飽和状態寸前
になることがよくあります。

時には、今晩寝てる場合ではない、と徹夜を決め込んで
試験に出題される知識を詰め込もうとすることも
あります。

明日この試験が終わってから寝ればいい、今はとにかく
この試験が大事だから寝ている場合ではない、
という心境になるのです。

このように、どんな試験であれ、試験の時期というのは、
試験を受ける人(受験生)の心理をかなり左右します。

記憶力が悪く悩んでいる方へ

試験に合格するためには記憶力が鍵を握っています。最近では研究が進みどうしたら記憶力を高めることができるかが解明されています。勉強の手を休めて効率的な記憶力を身につけてみることをおすすめします。

川村明宏博士監修 ジニアス記憶術
私が利用した通信講座

私は高校入学からz会を利用していました。受験勉強に役立つ記述力を身に付けることができました。東大合格者の2人に1人がz会員という実績を出している通信教育です。

Z会の詳細はこちら
私のz会の体験談